不妊治療の基本!病院を選ぶポイントをチェック

食事で生活習慣を改善

不妊に悩んでいる人の多くは、早く妊娠をしたいと思っています。そのためには、生活習慣の改善と良い病院選びが大切になります。妊娠しやすい体作りをするために、おすすめな食べ物を紹介していきます。また、賢い病院の選び方もチェックしましょう。

妊娠しやすい体を作るために必要な栄養素ランキング

no.1

葉酸

葉酸は、いつでも妊娠することができるために飲む必要があります。また、葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害を予防することができるので、1位です。最近はサプリで簡単に取り入れることができます。

no.2

タンパク質

タンパク質は、体の基本の血管や筋肉を作る上でとても大切な栄養素です。また、質の良い卵子を作る手助けにもなるため、必要な栄養素2位です。コレステロールが気になると方が多くいますが、妊娠体質を作るためには必要になります。

no.3

鉄分

鉄分は、妊娠に必要な粘膜を作るため、タンパク質に続いて3位です。赤ちゃんが居心地良く、お腹で成長することができるように、粘膜がクッションの役割を果たしてくれます。また、貧血や疲れ予防にもなります。

no.4

ビタミンB

エネルギーの原材料になるビタミンBは、代謝活動に欠かせない栄養素のため、4位です。赤ちゃんの初期の脳の発育を助ける働きがあるので、妊娠前から妊娠した後も飲み続ける必要があります。

no.5

カルシウム

骨を作るカルシウムは、ビタミンBに続いて5位です。骨以外にも、自律神経の調整や筋肉などの収縮に関わる栄養素です。精神を安定させる効果もあるので、妊活で疲れている方におすすめです。

不妊治療の基本!病院を選ぶポイントをチェック

病院

不妊専門の病院を選ぶ

不妊治療を始める前には、近くの婦人科へ足を運ぶ人が多くいます。婦人科には妊婦さんや赤ちゃんが診察に訪れます。その姿を見るのが辛いと感じる方が多くいるので、不妊専門の病院をおすすめします。婦人科で原因を確認し、三次市の不妊専門の病院を紹介してもらうことも可能です。

通院のしやすさ

不妊治療を専門にしている病院は多くありません。また、ホルモンの状況や卵胞の成長具合によって、通院回数などが異なるため、自分の都合で治療を進めることができません。そのため、通院のしやすい病院を選ぶ必要があります。自宅や職場から通いやすい病院を見つけましょう。

担当医をつけよう

大きな病院では、診察の度に医師が変わることがあります。そうすると、同じことを何度も説明したり、相談しづらいという場合があります。不妊治療は繊細な治療なので、担当医を付けてもらうか、一人の医師が見ているクリニックがおすすめです。

勉強会に行ってみよう!

最近は、不妊治療に関する説明や質問に答えてくれる勉強会が、多く開かれています。そういった勉強会に行くことによって、同じ悩みを持った人と交流することができたり、おすすめの病院を紹介してもらうことができます。妊娠するためにも、勉強会はとても大切です。

広告募集中