不妊改善のために原因を突き止めよう!

不妊を改善するためには、まず原因を突き止めましょう。そうすることで、改善が早くなります。また、大阪の不妊治療には様々な方法があります。最近は、妊娠をしやすい体を作るために、ピルを取り入れる方法もあるのでチェックしましょう。

不妊になる原因とは?

月経に異常がある

不妊に多い原因は、月経に異常があることです。一般的に月経周期は25~38日と言われています。しかし、その月経周期より長かったり、短い周期の場合には、排卵に何らかの問題が起きています。月経の期間だけではなく、生理痛や排便痛、性交痛がある場合にも注意が必要です。月経に異常がある場合には、早めに病院を受診しましょう。

性感染症に掛かったことがある

最近は、性交を通じて感染する感染症(STD)に掛かっている人が多くいます。その感染症は兆候があってもほとんど気づかれることが無いため、10代の女性にも感染している状態です。もし、感染症に掛かってしまうと、不妊の原因にもなります。また、特に急増している「クラミジア感染症」の場合は、卵管閉塞や骨盤内にも癒着するため、無自覚の内に不妊症になります。

生活習慣の乱れ

無理なダイエットや喫煙、アルコール、ストレスなども不妊の原因です。無理なダイエットをすることによって、栄養不足や摂食障害になり、体重減少性の無月経に陥るケースが多くあります。月経が止まってしまう程の生活習慣の乱れは、不妊だけではなく、体全体へ悪影響です。バランスの取れた食事と、正しい生活習慣を送りましょう。そうすることで、自然にストレスも改善します。

男性が原因の不妊

不妊の原因は女性だけではなく、男性にもあります。男性の場合は、子供の頃にヘルニアや停留睾丸の手術を受けたり、おたふく風邪による睾丸炎を起こしたことが原因になります。また、糖尿病も不妊の原因になります。男性の不妊の場合も、女性同様早めに病院を受診することをおすすめします。また、生活習慣も改善も大切です。

不妊治療の種類を確認しよう!体外受精のメリット

薬

タイミング法

タイミング法は、不妊治療の最初に使われる方法のため、できれば自然妊娠をしたいという方におすすめです。最も妊娠しやすいタイミングに合わせて性交を行ない、妊娠する確率を高める方法です。しかし、そのタイミングを合わせるためには、超音波検査・子宮内膜測定・卵胞測定・基礎体温測定が必要になります。また、妊娠しやすい体を作るために、妊活マカなどを取り入れうことがおすすめです。医師を相談をして、自分にあった方法を見つけましょう。

人工受精

人工受精の場合は、卵子と精子の出会う確率を高める方法なので、自然妊娠に近く、体の負担を軽減できます。男子から働きの良い精子だけを取り出し、排卵日に合わせて子宮に注入していきます。人工受精は7回目以内の妊娠率が80%と言われています。そのため、タイミング法を失敗した方や精子の状態が悪い夫婦におすすめです。

体外受精

人工授精を5~7回受けても妊娠しない場合には、大阪の病院で体外受精するとよいでしょう。体外受精とは、培養した胚を子宮内に戻す方法で、高度の不妊治療の一つです。体外受精でも、受精卵の全てが赤ちゃんになるわけではないので、妊娠できる確率は限られていますが、タイミング方や人工授精に比べると、妊娠率が高くなります。年齢が高い人でも妊娠の確率が上がるので、おすすめです。

実際に体外受精を受けた人の声

一回目の体外受精で妊娠できました。

自然妊娠ができず、不妊専門の病院で検査を受けました。その後、タイミング方や人工授精を3回受けましたが結果がでず、思い切って体外受精を受けることにしました。費用が高かったのでですが、10個中7個が受精し、5日後に戻すと、一週間後に妊娠していることが分かりました。

思い切って体外受精をしました。

人工受精を5回しても、妊娠することができず、体外受精へのステップアップをすることに決めました。始めは、上手く受精することができず、2回目で妊娠することができました。今では、7ヶ月になりました。元気な子を産むために、頑張ります。

[PR]
体外受精は大阪の病院でしよう!
実績があるから安心できる♪

[PR]
三次市で不妊治療の相談
気軽に利用できる

広告募集中